1. 新築住宅(パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー)

東日本大震災以降、被災された方々の住宅再建のお手伝いをさせて頂いた中で、 弊社が辿りついた答えが「テクノストラクチャー」です。

【テクノストラクチャーって何?】

テクノストラクチャー

縦方向の力にすぐれた強度を発揮する木材は「柱」として使用し、曲げやたわみに対して強度を発揮する鉄骨を「梁」に採用。 構造体にかかる様々な外力に耐えうる適材適所の材料選定により、木の家の弱点を強化した工法です。

テクノストラクチャー

◎パナソニック「テクノストラクチャー」の家

【住宅の安心感とは何でしょうか?】

テクノストラクチャー

今までの一戸建て木造住宅は構造計算が義務付けられていないことから、建てる側の経験と勘で「なんとなく大丈夫」という 根拠のない理由で建築がなされてきているといっても過言ではありません。 どのような住宅会社でも「我々が建てる家は大丈夫です」と言わないところはないと思います。 しかし、「その根拠は何ですか?」と尋ねたらどのような答えが返ってくるでしょうか。

そんな曖昧な木造住宅を捨て、我々は目に見える安心感と具体的な根拠を示せるテクノストラクチャーを採用するに至りました。 構造計算による建物強度の数値化と保証によって「たぶん大丈夫」から「ぜったい大丈夫」に限りなく近づけ、目に見える安心感を お届けしたいと考えております。

構造計算

テクノストラクチャーでは、 一棟一棟全ての住宅で構造計算を実施し、強度が客観的に実証された住まいだけを建築・保証致します。

◎構造計算についてはこちら

【木+鉄で建てる、第三の工法。】

テクノストラクチャー

テクノストラクチャー

木と梁の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、 最先端の技術を導入した新工法「テクノストラクチャー」。
「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした、パナソニック独自の「第三の工法」です。

◎テクノビームについてはこちら

【テクノストラクチャーについてもっと知りたい!!】

環境住宅株式会社では『テクノストラクチャーの家』体感型モデルハウスを只今計画しております!!
一日も早く皆様にご案内出来ますよう、スタッフ一同“一致団結”し邁進しております。
しばらくお待ち下さい。

【各優遇・認定・補助金制度制度に対応しております】


このページの先頭へ