ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への取り組みについて

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、 「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに 新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット) でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする 政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの 検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

【環境住宅 株式会社のZEHへの取り組み】
弊社では、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業におけるZEHビルダー登録申請にあたり、以下の 目標を掲げ、公表することと致しました。2020年までに新築住宅(建売含む)の65%がZEHとなるよう取り組んで参ります。

〈目標公表資料については下記をご覧下さい〉

●ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)への取り組みについての目標公表資料ダウンロードはこちら
●2016年度の実績報告を行いました。実績報告の資料ダウンロードはこちら
●2017年度の実績報告を行いました。実績報告の資料ダウンロードはこちら
●2018年度の実績報告を行いました。実績報告の資料ダウンロードはこちら
●2019年度の実績報告を行いました。実績報告の資料ダウンロードはこちら

ゼロエネルギーハウス ZEH(ゼッチ)とは

※ZEH(ゼッチ) =ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。
『2020年 省エネ基準適合住宅の義務化』により、国では2020年までに標準的な新築住宅でのゼロエネルギー化を目指しています。では、ZEHとはなんでしょうか?1年間で使うエネルギーより太陽光発電システムなどによって住宅でつくるエネルギーの方が多い、または、その差がゼロになる住宅のことをいいます。

自分達で使うエネルギーは自分達で賄う!まさに、エネルギーの自給自足です!
しかし、なぜ国は『ZEH』を推進するのか?
地球温暖化が世界的に問題視されていますが、おもな原因でもあります二酸化炭素(CO2)排出量削減への取り組みは先進国の中で日本は遅れているのが現状です。
むしろ日本は、住宅でのエネルギー消費量は増加傾向にあるのです。しかし、問題はこればかりではありません。
東日本大震災以降、電力需給はひっぱくしています。

住宅でのエネルギー自給自足の必要性が高まったのです。
だからこそ、ZEHについてもっと多くの方に知って欲しい!!!
不安なことや疑問思うところはありませんか?例えば……

『ZEH住宅にはどんなメリットがあるの?』
『建築費について聞きたい!』

など、是非、お気軽にご相談下さい。
ご相談はこちら。お電話、ご来店でのご相談も承っております。

最近のイベント・見学会

プロジェクト

PAGE TOP